コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腎虫 ジンチュウ

大辞林 第三版の解説

じんちゅう【腎虫】

線虫綱の袋形動物。イタチ・イヌなどの腎臓や腹腔に寄生する。体長は雄が15~45センチメートル、雌が20~100センチメートル。第一中間宿主はヒルミミズ類、第二中間宿主はカジカなど淡水魚。まれに人間に寄生する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

腎虫
じんちゅう
[学]Dioctophyme renale

線形動物門双器綱腎虫目腎虫科に属する寄生虫。イタチ、イヌなどの哺乳(ほにゅう)類の腎臓あるいは腹腔(ふくこう)に寄生し、大形で、雄の体長14~45センチメートル、雌20~100センチメートル、生時は赤色である。まれにヒトにも寄生する。日本にも分布するが、とくにロシアや北アメリカに多い。
 宿主の尿とともに排出された卵は、中間宿主のオヨギミミズ類など(淡水産貧毛類)に食べられ、その体内で感染力を備えた幼虫に発育する。固有宿主はこのようなオヨギミミズ類を摂取したカエルやナマズ(移動宿主)を食して感染することが多い。イタチやイヌに成虫が寄生しても、ほとんど症状を示さないこともあるが、寄生部位が破壊されて出血性あるいは化膿(かのう)性腎炎をおこすこともある。なお、ブタやイノシシの腎臓に寄生するブタ腎虫Stephanurus dentatusは、円虫目に属する別の線虫である。[町田昌昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

腎虫の関連キーワード袋形動物土壌線虫カジカ線虫綱線虫腹腔

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android