コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腰高 こしだか

盆栽用語集の解説

腰高

根元から一のまでが長いこと。文人木などによく見られ、それが飄逸な魅力となることもあるが、普通は見る者に不安定だと感じさせるものが多い。

出典 (株)近代出版盆栽用語集について 情報

デジタル大辞泉の解説

こし‐だか【腰高】

[名]
腰の高い塗り椀の称。高坏(たかつき)など。
器物や建具などの腰の部分を普通よりも高く作ったもの。
[名・形動]
人の腰の位置が高すぎて、構えが不安定なこと。また、そのさま。「腰高に仕切る」
態度の横柄であること。また、そのさま。「腰高話し振り

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こしだか【腰高】

( 名 )
腰の高い器物。高坏たかつきなどにいう。
「腰高障子」の略。
( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
腰を十分に下ろさない、不安定な姿勢である・こと(さま)。 「 -な構え」
横柄なさま。尊大なさま。 「 -な言い方」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

腰高の関連キーワードてんぷら(天麩羅)大安寺(大阪府)グラジオラスサラサ馬蹄螺コシダカウニマザマジカまんじゅう腰が高い高田仏壇千代の珠小編み笠腰高障子植木鉢江戸褄矩計図仕切る矩計りネコモモ根元

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

腰高の関連情報