コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腸管感染症 チョウカンカンセンショウ

デジタル大辞泉の解説

ちょうかん‐かんせんしょう〔チヤウクワンカンセンシヤウ〕【腸管感染症】

細菌ウイルスなどの病原体が口から入り、腸内で増殖し、下痢・嘔吐(おうと)・発熱・腹痛などの急性症状を起こす病気。コレラ腸チフスパラチフス・細菌性赤痢など。飲食により引き起こされた場合は食中毒とされる。→カンピロバクター
[補説]衛生環境が整備されていない途上国では、子供の死亡原因の上位を占める。日本では、O157腸管出血性大腸菌)感染症など新興感染症の集団発生や、渡航者が持ち込む輸入感染症の増加などが問題視されている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

腸管感染症の関連キーワード原因が明らかな難治性下痢症の例たんぱく漏出性胃腸症フラジオマイシン腸アメーバ症カナマイシンナリジクス酸アメーバ症細菌性赤痢腸洗浄途上国補説

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

腸管感染症の関連情報