コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腸重積 チョウジュウセキ

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐じゅうせき〔チヤウヂユウセキ〕【腸重積】

腸閉塞(ちょうへいそく)の一。小腸の一部(主に回腸)が、大腸(主に盲腸)の内腔に入り込んでしまい、通過障害・血行障害を起こした状態。2歳までの乳児に多く、腹痛・嘔吐(おうと)・血便などがみられる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

腸重積の関連キーワードアレルギー性紫斑病(アナフィラキシー様紫斑病/シェーンライン・ヘノッホ紫斑病)子どもに多い自己免疫疾患と対策ポイツ=ジェガース症候群アデノウイルス赤ちゃんの世話高圧浣腸腸重積症小児外科母斑症腸捻転腸閉塞腸穿孔消化

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

腸重積の関連情報