コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腹部外科 ふくぶげかsurgery of abdomen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

腹部外科
ふくぶげか
surgery of abdomen

腹膜を含めた腹壁と腹部臓器を対象とする外科をいう。近代医学が確立されて以来,最初の腹部外科は,1884年6月 21日に行われた T.ビルロートの胃切除術である。これは 19世紀なかばアメリカで実用化された麻酔法と,イギリスで採用された J.リスターに始る無菌法の併用によって成功している。次いでハーバード大学が中心となって虫垂除去 (盲腸炎の手術的療法) が行われるようになり,1902年戴冠式直前のイギリス国王エドワード7世の虫垂炎に対する処置 (麻酔ならびに除去) に成功したことは,この手術療法を世界に広める重要なきっかけとなった。現在多く行われているものとして,ほかに胆嚢除去,腹膜炎開腹治療などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふくぶげか【腹部外科 abdominal surgery】

外科の一分野。外科は体の解剖学的区分により脳外科胸部外科(心臓,肺)および腹部外科に分けられるが,腹部外科はとくに食道から直腸,肛門までの消化管や肝臓,膵臓および脾臓などの実質臓器の疾患を扱う。これら対象となる臓器のうち,食道は解剖学的には胸腔内に存在するが,手術のときには開腹術を伴うことが多いために腹部外科の範疇(はんちゆう)に入れられる場合が多い。太い静脈に直接チューブを入れて,高濃度の糖液,アミノ酸液を注入する中心静脈栄養法や種々の抗生物質の発見により,規模の大きい腹部外科手術も可能となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

腹部外科の関連キーワードテート(Robert Lawson Tait)ミクリチ=ラデツキ鈴木 寛之助膵(臓)がんマクダウェル青山 徹蔵メーヨー家青山徹蔵武藤完雄大森治豊鉗子

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android