膏粱(読み)こうりょう

精選版 日本国語大辞典の解説

こう‐りょう カウリャウ【膏粱】

〘名〙
① 脂ののった肉とよい穀物。転じて、おいしい食べ物。
※本朝文粋(1060頃)四・為貞信公辞太政大臣第三表〈大江朝綱〉「膏粱之味非美也。過度則心腹必受其病」 〔孟子‐告子・上〕
② 身分の高いこと。また、そのような人や家柄。
江戸繁昌記(1832‐36)二「膏梁の子、籍て以其拙掩、千金一盒を買ひ、百金一甌を贖ふ」 〔天香楼偶得〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android