(読み)コウ

デジタル大辞泉の解説

こう【膏】[漢字項目]

人名用漢字] [音]コウ(カウ)(呉)(漢) [訓]あぶら
動物のあぶら。「膏血膏油
うまい食物。「膏梁(こうりょう)」
心臓の下の部分。「膏肓(こうこう)
半練り状の薬。「膏薬軟膏絆創膏(ばんそうこう)
うるおす。めぐむ。「膏雨
地味が肥える。「膏沃(こうよく)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

こう カウ【膏】

〘名〙
① 動物からとったあぶら。〔詩経‐檜風・羔裘〕
② あぶらを主とした練り薬。あぶら薬。膏薬。〔後漢書‐方術伝下・華陀〕
③ 心臓の下にあたる部分。(こう)とともに、治療の及ばないと考えられた部分。
※今昔(1120頃か)一〇「肓(くゎう)の上・膏(かう)の下に入なば、医師、何ぞ、我等を傷(そこなは)むや」 〔春秋左伝‐成公一〇年〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

膏の関連情報