臍下(読み)せいか

精選版 日本国語大辞典「臍下」の解説

せい‐か【臍下】

〘名〙 へそのした。下腹。さいか。
※扶桑略記(12C初)天慶二年「刻木作神。相対安置。〈略〉或所又作女形。対丈夫而立之。下腰底刻絵陰陽

へそ‐の‐した【臍下】

〘名〙 下腹。また、男女の陰部。せいか。
※俳諧・竹馬狂吟集(1499)九「こひのやまひぞおへものとなる おもひくさへその下より根をさして」

さい‐か【臍下】

〘名〙 へその下。下腹。せいか。
※洒落本・禁現大福帳(1755)五「能々臍下(サイカ)で了簡して見さしゃませ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「臍下」の解説

【臍下】せいか

へその下。丹田のあるところ。〔雲七籤、十一、上清黄庭内景経、脾長章、注〕王經に云ふ、下丹田なるは、人命根本する、玉氣の元なり。臍下三寸に在り。

字通「臍」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android