臨時福祉給付金(読み)りんじふくしきゅうふきん

知恵蔵mini「臨時福祉給付金」の解説

臨時福祉給付金

所得の低い人に対し2014年に各自治体から支給される一時金のこと。給付対象者は、14年度分の市町村民税(均等割)が課税されない人。ただし、その人を扶養している人が課税される場合や、生活保護制度の被保護者となっている場合などは対象外。支給額は1万円。老齢基礎年金障害基礎年金遺族基礎年金等の受給者や、児童扶養手当・特別障害者手当等の受給者などに対しては5000円が加算される。受給については、14年1月1日時点に居住していた市町村申請する必要がある。自治体によって異なるが、市町村民税が確定する14年6月くらいから申請の受付が始まる予定。

(2014-4-3)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android