コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自了 じりょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

自了 じりょう

1614-1644 琉球の画家。
尚寧王26年10月18日生まれ。生まれつき耳と口が不自由であったが,書画,彫刻を独学。明(みん)(中国)の冊封使杜三策(と-さんさく)は,その絵を顧愷之(こ-がいし),王維(おう-い)に比し,狩野安信(かのう-やすのぶ)は「わが国にあれば,友にせん」と激賞したという。尚賢王4年10月18日死去。31歳。本名は城間清豊(ぐすくま-せいほう)。唐名は欽可聖。作品に「白沢図」「李白観瀑図」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

自了 (じりょう)

生年月日:1614年10月18日
江戸時代前期の琉球史上最初の画家
1644年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

自了の関連キーワード生年月日

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android