コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自了 じりょう

1件 の用語解説(自了の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

自了 じりょう

1614-1644 琉球の画家。
尚寧王26年10月18日生まれ。生まれつき耳と口が不自由であったが,書画,彫刻を独学。明(みん)(中国)の冊封使杜三策(と-さんさく)は,その絵を顧愷之(こ-がいし),王維(おう-い)に比し,狩野安信(かのう-やすのぶ)は「わが国にあれば,友にせん」と激賞したという。尚賢王4年10月18日死去。31歳。本名は城間清豊(ぐすくま-せいほう)。唐名は欽可聖。作品に「白沢図」「李白観瀑図」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

自了の関連キーワード尚寧王薩摩藩の琉球侵攻喜安国頭正弥尚思紹王尚豊王尊円城間仲宗根嶂山武寧王(2)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

自了の関連情報