コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自家保険積立金 じかほけんつみたてきんself-insurance reserve

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自家保険積立金
じかほけんつみたてきん
self-insurance reserve

企業が本来保険に付すべき設備などに保険をかけずに,自社内で保険料に見合う金額を利益のうちから積立てる積立金。この積立金は保険に付すべき物件の多い大企業で多額の保険料の掛捨てを避け,同時に臨時的支出への準備をするために行われているものであるが,基本的には利益の社内留保といえる。しかし損害保険,積立金のいずれをとるかは企業規模,財産の分散度,企業形態の相違などによるもので,一律に断定はできない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android