社内留保(読み)しゃないりゅうほ(英語表記)retained earnings

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

社内留保
しゃないりゅうほ
retained earnings

内部留保,社内分配ともいう。企業の利益のうち社内に留保される部分,すなわち当期未処分利益から配当金役員賞与金など企業外部へ現金で支出される利益処分額を控除した残額である。利益準備金,および事業拡張積立金配当平均積立金別途積立金などの任意積立金,およびその期の利益のうちいかなる目的にも使用されずに次期に繰越される部分 (次期繰越利益金) から成る。なお当期未処分利益金のうちどれだけ社内留保されたかの割合を社内留保率 (社内留保÷当期未処分利益) という。この比率は企業の資本蓄積の状況を調べるための指標の一つとして経営分析においてしばしば用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゃないりゅうほ【社内留保】

企業が稼得した処分可能な純利益のうち,社外に分配せずに企業内に留保したもの,または留保行為そのものをいう。内部留保,利益留保ともいう。企業は稼得した純利益額をふまえて,その処分方途をいろいろな角度から検討し,決定する。処分方途には,処分により社外に資金が流出していくものと,処分によっても資金が企業内にとどまるものとがある。前者には配当役員賞与があり,後者には利益準備金,新築積立金,事業拡張積立金,繰越利益剰余金等の準備金積立金がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しゃないりゅうほ【社内留保】

企業が再生産の維持のために、収益から税金・配当・役員賞与などを差し引いて残った資金を企業内に蓄積すること。内部留保。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の社内留保の言及

【内部金融・外部金融】より

…また,内部金融,外部金融によって調達された資金をそれぞれ内部資金,外部資金と呼ぶことがある。企業の資金調達方式についてみると,内部金融に属するものとしては,企業内部に留保され蓄積された利益である内部留保(社内留保とも呼ぶ)を用いる方法と,減価償却積立金を設備資金や運転資金などに用いる方法とが代表的である。これに対し,企業の外部金融の例としては,金融機関からの借入金,株式・社債の発行,企業間信用(売掛金,買掛金)などによる方法がある。…

※「社内留保」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

社内留保の関連情報