コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自己申告制 じこしんこくせい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自己申告制
じこしんこくせい

人事考課の一手法。配置転換昇進教育訓練業績評価などを実施する際の資料を,従業員本人から定期的,臨時的に申告を通じて収集する制度で,自己申告表や面接の方法が用いられる。その申告内容は,配置転換,業績評価など目的により異なる。これによって本人の目標,適性を把握し,従業員の自己啓発重点をおいた人事管理を推進するうえで有力な手段として実施されている。 1987年の兵庫県を皮切り自治体でも採用の動きが広がりつつある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

自己申告制の関連キーワードムスリム(民族概念)サービス残業活動諸費

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自己申告制の関連情報