コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自生粉砕 じせいふんさい autogenous grinding

2件 の用語解説(自生粉砕の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自生粉砕
じせいふんさい
autogenous grinding

粉砕法の一つ。粉砕機内に鉄のボールや鉄の棒 (ロッド) をまったく装入しないか,ごくわずかしか装入せず,被砕物自身を粉砕媒体として利用する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

じせいふんさい【自生粉砕 autogenous grinding】

大量の鉱石やセメント原料などを微粉砕するためには,ボールミルやローラーミルなどが広く使われているが,自生粉砕はボールミルのような回転容器の中に,鉄ボールの代りに粉砕原料の塊を使用する方法である。鉱石塊の比重はたかだか2.5~3.5程度であり,鉄の比重に比してはるかに小さく,同じ条件では鉄のボールのように強い粉砕力を得ることができない。そこで自生粉砕のために設計された特殊な形状および構造のミルが使われる場合が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

自生粉砕の関連キーワードアルミナセメントセメント質ポルトランドセメント粉砕シメントセメント瓦セメントペースト基盤セメントセメント石スラグセメント

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone