コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自由の条件 じゆうのじょうけんThe Constitution of Liberty

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自由の条件
じゆうのじょうけん
The Constitution of Liberty

F.Von ハイエク著。 1960年刊。現代福祉国家思想とそれを背後で支える狭義の近代合理主義に対して,徹底的な批判を加えた自由主義政治哲学の代表的著作である。ハイエクが擁護するのは個人の自由であるが,その重要な論拠となるのは無知の自覚である。我々がもし全知全能の存在であれば,未来を完全に予見し合理的な計画を立案することが可能である。しかし現実には我々は限られた知識をもちうるのみであり,予測不可能な事態に対応する個人的自由が必要となる。そして目的意識に基づいた組織化がなくても,個々人の自発的な活動のなかから秩序は自生的に形成される。その意味でハイエクは,強制のない状態を自由の本質とみなすイギリス的伝統を高く評価する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

自由の条件の関連キーワードラスキ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自由の条件の関連情報