コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臭水 クソウズ

デジタル大辞泉の解説

くそうず〔くさうづ〕【水】

《「くさみづ」の音変化》石油古名
「―、油、地より涌(わ)くなり」〈毛吹草・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

臭水【くそうず】

草生水とも記す。石油の原油の越後地方での古称。《日本書紀》の天智天皇7年条に越(こし)の国から燃える水を献じたとの記事があるように,越後では古来臭水を灯火に利用,江戸末期には土瓶(どびん)状の油皿の口に黄銅製の口金を付け,そこに綿糸を撚(よ)った芯(しん)を入れた灯火具がカンテラの名で販売された。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

くそうず【臭水】

〔「くさみず」の転〕
石油の古名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

臭水の関連キーワード黒川[村]胎内(市)七不思議