コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

至精 シセイ

デジタル大辞泉の解説

し‐せい【至精】

非常に精妙・精巧であること。
「之を―の顕微鏡に施すも」〈西周明六雑誌二二〉
まったく混じりけがないこと。
「至純―の感情が、泉のように流れ出して来る」〈漱石明暗

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しせい【至精】

いたって精妙であること。
非常に純粋であること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

至精の関連キーワード呉汝綸

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android