コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

興奮薬 こうふんやく

3件 の用語解説(興奮薬の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

興奮薬【こうふんやく】

中枢神経系に作用してその機能を亢進させる薬物の総称。中枢に直接作用するコカインカフェインストリキニーネや,知覚神経末梢を刺激して反射的に中枢神経系を興奮させる芳香性物質,苦味剤がある。
→関連項目ドーピング

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

こうふんやく【興奮薬 stimulant】

広義には身体の諸器官の機能および精神,感情の亢進をもたらす薬物の総称。狭義には中枢神経系を興奮させる薬物を指す。器官,神経系の機能亢進を意味する例として,心臓興奮薬,自律神経興奮薬,呼吸興奮薬などがあり,精神面の亢進を示す例として,催淫薬を興奮薬と称する場合などがあげられる。しかし,主体は脳各部位を興奮させる中枢神経興奮薬である。中枢神経興奮薬は薬理学的に次のように分類されている。(1)カフェイン類 チャの葉,コーヒーなどに含有されるカフェイン,テオフィリンテオブロミンなどは化学構造も互いに類似し,共通の薬理作用を有する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

興奮薬
こうふんやく

薬の作用を機能面からみると、生体の機能を亢進(こうしん)する場合と、逆に減弱させる場合とがある。このうち、生体の機能を亢進させる薬物を興奮薬という。広義には生体の諸器官の機能や精神活動を亢進する薬物の総称である。作用が神経を介する場合と、組織細胞に直接作用する場合とがある。興奮薬の主体は中枢神経興奮薬で、興奮薬というと一般的にはこのものをさす。中枢神経興奮薬にはカフェインをはじめとする心臓興奮薬(強心剤)、メタンフェタミンをはじめとする覚醒(かくせい)剤、ニケタミドやカンフル、ジモルフォラミンを代表とする呼吸興奮薬、ピプラドロールなどの精神賦活(ふかつ)剤(抗うつ剤)、ストリキニーネなどの脊髄(せきずい)興奮薬などがある。そのほか広義の興奮薬には、アドレナリンやコリンなどをはじめとする自律神経興奮薬がある。性的興奮を高める催淫(さいいん)剤や、幻覚をおこすLSD、マリファナなども一種の興奮薬である。イミプラミンのような抗うつ剤は大量投与すると逆に鎮静的に働く。また、運動選手や競走馬などに興奮薬をあらかじめ投与して、その成績を向上させようとすることをドーピングという。ドーピングは禁止されている。[幸保文治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

興奮薬の関連キーワード栄養器官器官公衆衛生内臓皮膚病無性芽官能純粋理性エージング現象内分泌疾患

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

興奮薬の関連情報