コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

興津海苔 オキツノリ

デジタル大辞泉の解説

おきつ‐のり【興津海苔】

オキツノリ科の紅藻。本州・九州などの海岸の潮間帯に多くみられ、高さ約5センチ。やや硬くて扁平で、枝分かれして扇状に広がる。食用。きくのり。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おきつのり【興津海苔】

紅藻類スギノリ目の海藻。本州・九州に分布。潮間帯の潮だまりに生育。叉状に分岐し、扇状に広がる。高さは約7センチメートル。枝は平たい線形で、質はかたい。刺身のつまにする。キクノリ。サクラノリ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

興津海苔 (オキツノリ)

学名:Gymnogongrus flabelliformis
植物。オキツノリ科の紅藻

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android