コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

舛添要一 ますぞえよういち

知恵蔵の解説

舛添要一

政治家、国際政治学者。1948年、福岡県北九州市(当時は八幡市)生まれ。東京大学法学部を卒業後、73年からパリ大学現代国際関係史研究所とジュネーブ大学高等国際政治研究所で、各3年間客員研究員を務める。79年に帰国し、東京大学教養学部の助教授に就任。87年頃から「朝まで生テレビ」を始めとする討論・報道番組に出演し、舌鋒鋭い保守派の論客として注目を浴びた。89年、中沢新一の助教授採用・不採用をめぐる問題をきっかけに東京大学を退官。同年、舛添政治経済研究所を設立した。90年代半ばからは、認知症の母の介護で東京と北九州を往復する生活を続け、福祉行政への関心を強める。99年の東京都知事選に無所属で立候補し、社会保障制度の充実などをアピールしたが、石原慎太郎にダブルスコアで敗れた。
2001年、自民党候補として参議院議員選挙に出馬。比例代表区で最多票を獲得し、初当選を果たした。主に厚生関係の役職を務めながら、05年には「自民党新憲法草案」(第1次)をとりまとめ、以降、参議院外交防衛委員長、参議院自民党政策審議会会長などを歴任した。07年の参議院議員選挙で再選を果たすと、第1次安倍晋三内閣・福田康夫内閣・麻生太郎内閣で厚生労働大臣を務めた。この間、消えた年金記録問題、中国毒ギョーザ事件、新型インフルエンザなどへの対応に追われながら、省内組織や医療行政の改革にも積極的に取り組み、世論調査では「次期首相にふさわしい政治家」の上位にランクインするようになった。
だが、民主党政権が誕生した翌10年、自民党を離脱し、「改革クラブ」の議員と「新党改革」を結成。自民党からは除名処分を受けた。13年夏の参議院選挙には出馬せず、「新党改革」の代表も辞任したため、事実上の政界引退と見られていた。しかし、猪瀬直樹の辞職に伴う14年2月の東京都知事選に、自民党・公明党の支援を受けて出馬。選挙戦中は、2020年東京五輪の成功、直下地震などの防災対策、福祉・雇用対策の充実を訴え、「脱原発」を争点に挙げた細川護煕や共産党・社民党が推薦した宇都宮健児らをおさえて圧勝した。

(大迫秀樹  フリー編集者 / 2014年)

舛添要一

「C0207_0760_16」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

舛添要一 ますぞえ-よういち

1948- 昭和後期-平成時代の政治評論家,政治家。
昭和23年11月29日生まれ。昭和54年母校・東大の助教授となり,平成元年辞職。現代フランス政治にくわしく,評論活動をはじめ多方面で活躍。宮沢喜一ブレーンをつとめた。11年東京都知事選に立候補。13年参議院議員(当選2回)。19年安倍改造内閣で厚生労働相として初入閣,同年の福田内閣,20年麻生内閣で再任された。22年自民党を離党し,新党「新党改革」を結成して代表となる(政党交付金受給資格を継続するため,改革クラブに入党し,政党助成法に基づいて政党名を新党改革に変更する形をとった)。26年東京都知事に当選。福岡県出身。著作に「日本人とフランス人」「20世紀 エネルギー革命の時代」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

舛添要一の関連キーワード東京五輪・パラリンピックの会場計画舛添知事政治資金問題自由民主党(日本)松下アキラ第五共和政

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

舛添要一の関連情報