航空灯台(読み)こうくうとうだい(英語表記)aeronautical ground light

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

航空灯台
こうくうとうだい
aeronautical ground light

夜間または昼間でも気象状態が悪いときに航空機の航行を援助するための灯台。次のような種類がある。 (1) 航空路灯台 airway beacon 航空路上の重要地点を示すために設置するもの。白,赤の閃光灯火を全方向に1分間に6回の割合で回転。晴天の暗夜で 65km,多少の霧でも 18km先から見える。 (2) 危険航空灯台 hazard beacon 航空障害地区を示すもの。危険地域を赤色灯で囲ってある。 (3) 地標航空灯台 landmark beacon 航空路上の付近で,航行中の目標となる地点を示す。白色閃光。 (4) 信号航空灯台 signalling aeronautical beacon 航空路上,または付近の特定地点を示すため,モールス符号を点滅させる。緑 (陸上) ,黄 (水上) のほか赤色を使用。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こうくう‐とうだい〔カウクウ‐〕【航空灯台】

航空機の夜間または計器飛行の援助のため、地上に設置される灯台。航空路灯台・地標航空灯台・危険航空灯台などがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

航空灯台【こうくうとうだい】

航空路上の一地点あるいは危険を及ぼすおそれのある場所を示す灯火。赤白交互の閃光(せんこう)による航空路灯台や白の閃光(せんこう)灯による地標航空灯台,障害物の密集地に置かれる赤閃光の危険航空灯台がある。このほか空港位置を示すための白緑交互閃光の飛行場灯台があるが,これは分類上は飛行場灯火の一種である。
→関連項目航空灯火

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こうくう‐とうだい カウクウ‥【航空灯台】

〘名〙 夜間または霧の中を飛行中の航空機に対し、針路もしくは地点および危険区域を容易に認識させるための地上の灯火。〔新語新知識(1934)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の航空灯台の言及

【灯台】より

…日本の灯台は一般に光力が強いので,おおむね地理的光達距離による光達距離が海図に記載されている。 なお,航空機の安全航行のため山頂などに設置するものに航空灯台があるが,海上から見えるものについては船の航海目標として利用できるものもある。航路標識【沓名 景義】。…

※「航空灯台」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

GAFA

グーグル(Google)、アップル(Apple)、フェースブック(Facebook)、アマゾン(Amazon)の4社のこと。頭文字を取って称される。いずれも米国を代表するIT企業であり、4社は世界時価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android