コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

航行の自由 こうこうのじゆう freedom of navigation

1件 の用語解説(航行の自由の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

航行の自由
こうこうのじゆう
freedom of navigation

普通は,公海において平時にはどの国の軍艦船舶も自由に航行することができることをいう。このような権利は 19世紀に国際法上確立された公海自由の原則のうえに確認された。それ以前には一定の海に対し領有を主張する国は,外国船に航行税を課したり,強制的に海上の礼式を行わせることがあったが,これらは現在では国際法上禁止され,完全な航行の自由が認められている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

航行の自由の関連キーワード公海船籍中立地帯追跡権平時封鎖海上封鎖公空僚艦平時編制船舶検査活動と臨検

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

航行の自由の関連情報