コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

船舶検査 せんぱくけんさship inspection

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

船舶検査
せんぱくけんさ
ship inspection

船舶安全法に規定された安全検査と船級登録のための船級検査がある。船舶には安全検査が法的に義務づけられており,まず造船を受注した造船所が船体と機関について,船主が諸設備について,管轄官庁から製造検査を受け,船舶検査証書を交付されて初めて就航することができる。以後,4年ごとに定期検査を受けなければならないが,この間,局部的な中間検査が毎年行われる。また事故の際や現状変更の場合には臨時検査を受けることになっている。船級検査は船主が船級を得る際,船級協会から構造,設備について受けるものであり,これによって船級が決り,船級登録が行われる。以後,4年ごとの定期検査と毎年の中間検査によって船級登録を継続されるが,船舶安全法では,非旅客船の場合,船級登録されている船舶に限って安全検査と重複する部分の検査を省略することが認められている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

せんぱく‐けんさ【船舶検査】

管海官庁や船級協会が行う船舶の構造・設備などの検査。日本では船舶安全法により義務づけられ、国土交通省が主管する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

せんぱくけんさ【船舶検査 ship’s survey】

船舶が安全に航海できるだけの構造や設備,または性能を有しているかどうかを調べ,それらが一定の基準に達していることを承認するための検査。外国航路に従事できる船舶は国際的に流通する商品であり,また国際間で貨物を輸送するため,船舶検査の基本的事項や基準は国際的にほぼ統一されている。船舶検査には国が行う検査と船級協会の行う検査とがあるが,船級協会は国の検査の一部も代行する場合があり,また小型船に対しては自治体や検査団体が検査を行う場合が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

船舶検査
せんぱくけんさ

船舶の安全のために行われる船体、機関、設備および満載喫水線に関する検査。船舶安全法に基づいて国(各地の運輸局)が行うが、旅客船以外で日本海事協会の船級をもつ船は、特定の検査を除き合格したものとみなされる。長さ30メートル以上の船を建造するときは製造者である造船所が製造検査を受ける。製造工程でなければ不可能な船体各部の溶接や組立ての検査、水密区画の水圧試験、主機関はじめ各種機械・設備の試験などがある。この製造検査は各新造船ごとに行われる点が自動車や航空機の型式承認制度と大きく異なる。船が完成すると船舶所有者が第1回定期検査を受け、合格すると船舶検査証書が交付されて航行が許可される。その後は4年目ごとに、定例的な検査のなかでもっとも厳重な構造・設備全般の定期検査が行われる。また、定期検査の間には船の種類により1年または2年ごとの中間検査がある。以上の定例的な検査のほかに、臨時検査、臨時航行検査と特別検査がある。臨時検査は、重要な改造や修理、満載喫水線の変更などを定例的な検査の時期を外れて行う場合に受ける。臨時航行検査は、新造船のように船舶検査証書をもたない船や、たとえば受検中で証書の効力が停止されている船に必要である。特別検査は、たとえば類似した条件の船が保守管理が不十分なため事故が多発するようなときに、船舶の種類や大きさなどの範囲を限定公示して行う。[森田知治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

船舶検査の関連キーワード日米防衛協力のための指針重要影響事態安全確保法船舶検査活動と臨検海上人命安全条約船舶検査活動法外国船舶監督官国際平和支援法船舶検査活動船舶検査法ロイズ船級マールマン専門行政職周辺事態法航行区域有事法制総トン臨検

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

船舶検査の関連情報