コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

船下し ふなおろし

百科事典マイペディアの解説

船下し【ふなおろし】

新造船を初めて水上へおろす時の儀礼。現在の進水式に相当。船に納めた船霊(ふなだま)に酒を供え,神官のお払いを受けて船をこぎだし,港の中を3回こぎまわる。女性を乗せたり,故意に船をゆすって極端な所では転覆させるなど,平素はきらう行為をすすんで行うことも多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふなおろし【船下し】

新造船の進水式のことで,ダイオロシともいう。前日までに船大工の手によって船霊(ふなだま)をまつり込んだ船を浜辺に出し,祈禱や献饌の後,船主や船頭などによる餅まきが行われ,船を水に浮かべて,試運転をする。この際,船主とか船主の妻女をわざと海へつき落としたり,あるいはコケラオトシとかコケラオドシなどといって,わざと船を大きく揺らせる風習や,船を一度転覆させる所作が伴うところがある。これは船材についている山の神の霊をおとすためであると説明されることが多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android