コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

船中御条目 せんちゅうごじょうもく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

船中御条目
せんちゅうごじょうもく

寛文 13 (1673) 年,江戸幕府が年貢米輸送の船 (いわゆる御城米船 ) の船頭以下の乗組員に対して布達した取締り規定で,御城米回送中に守るべき事項を5ヵ条にまとめたもの。別名を船中法度書,船中掟書というように,不正行為,私荷物の積込み,賭博,ひより待ちにかこつけての長期滞船などの禁止や,遭難時の処置,火の用心など船中の心得を説き,違反者は厳罰に処する旨の文言で結んである。この御条目は御城米船としてチャーターされた際,船割代官から渡され,航海中は艫 (とも) の間に張りつけておくのが規定であった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

船中御条目の関連キーワード寛文

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android