コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御城米船 ごじょうまいせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

御城米船
ごじょうまいせん

江戸時代,全国的に存在する幕府領の年貢米を江戸,大坂を主に長崎,静岡など幕府の重要拠点に輸送した廻米船の総称。就航した廻船はすべて民間商船のチャーターで,航路の長短や難易などによって運賃が規定され,安全輸送を目的としたきびしい監視のもとに輸送が行われた。寛文 11 (1671) ~12年の河村瑞賢による東回りと西回り航路の改善は,御城米船の安全確保に主眼がおかれたが,酒田から江戸への航路開発は画期的な長距離輸送であった。当初3ヵ月を要したこの航路も,18世紀後半以後は平均2ヵ月に短縮され,船は 1000~1500石積みの大型船になって,廻米効率を著しく向上させた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

御城米船の関連キーワード船中御条目船中日記

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android