船曳文陽(読み)ふなびき ぶんよう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

船曳文陽 ふなびき-ぶんよう

1747-1814 江戸時代中期-後期の儒者。
延享4年生まれ。船曳桃渓の子。播磨(はりま)(兵庫県)三日月藩医。叔父の赤松滄洲(そうしゅう),京都の皆川淇園(きえん)にまなび,藩校広業館の督学をつとめた。文化11年1月4日死去。68歳。名は展。字(あざな)は大成。通称は図書。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android