円滑(読み)エンカツ

  • えんかつ ヱンクヮツ
  • えんかつ〔ヱンクワツ〕

デジタル大辞泉の解説

[名・形動]
物事が滞らず、すらすら運ぶこと。また、そのさま。「会の円滑な運営」
かどばらず滑らかなこと。また、そのさま。
「家の外ではきわめて―な人として通っていたが」〈藤村
[派生]えんかつさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (形動)
① 物事が滑らかで、角立たないこと。また、そのさま。
※江戸繁昌記(1832‐36)五「外辺駒屐(くげき)の声、円滑(〈注〉コロコロ)響きを送る」 〔蘇軾‐竹詩〕
② 物事がとどこおりなく、すらすらといくこと。また、そのさま。
※舞姫(1890)〈森鴎外〉「仏蘭西語を最も円滑に使ふものは」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

円滑の関連情報