コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

船荷証券統一条約 ふなにしょうけんとういつじょうやく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

船荷証券統一条約
ふなにしょうけんとういつじょうやく

1924年8月 25日にブリュッセルで署名された「船荷証券に関するある規則の統一のための国際条約」のこと。船荷証券に関する諸国法の統一を目的とする条約。 21年のハーグ規則を基礎にしているので,一般にハーグ規則とも呼ばれる。日本は 57年にこの条約を批准するとともにこれを国内法化した国際海上物品運送法を制定した。この条約は,運送人の責任限度額の引き上げなどを内容とする 68年議定書によって改正され,さらに運送人の責任限度額の計算単位をポアンカレ・フランから国際通貨基金 IMFの特別引出権 SDRに変更する 79年議定書が成立した。日本はこの議定書の批准にあわせて 92年に国際海上物品運送法を改正している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

船荷証券統一条約の関連キーワードハーター法

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android