コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

良尊(2) りょうそん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

良尊(2) りょうそん

1279-1349 鎌倉-南北朝時代の僧。
弘安(こうあん)2年10月10日生まれ。高野山の俊賢に師事して出家。元亨(げんこう)元年石清水(いわしみず)八幡宮の霊告で融通念仏宗の法脈をつぎ,摂津大念仏寺7世となった。同宗中興の祖。貞和(じょうわ)5=正平(しょうへい)4年6月13日死去。71歳。摂津深江(大阪府)出身。俗姓は清原。号は法明房。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

良尊(2)の関連キーワード南北朝時代弘安

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android