コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファロ(英語表記)Faro

翻訳|Faro

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ファロ
Faro

ポルトガル南部,ファロ県県都。サンタマリア岬近くの大西洋岸にのぞむ,国内最南端の港湾都市。8世紀初期から 1249年まで,ムーア人の支配がポルトガル内では最も長期間続いた。魚類,ワイン,果実などを輸出する。気候が温暖なうえに,美しい海浜,ムーア時代の面影を残す町並みなどに恵まれ,観光地として有名。エンリケ航海王子の時代には,多くの探検家がファロ近くの港から出帆した。人口3万 1966 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ファロ(Faro)

ポルトガル南部の港湾都市。アルガルベ地方の中心地であり、国際的な観光保養地としても知られる。13世紀、ポルトガル王アフォンソ3世が最後までイスラム勢力の支配下にあった同地を奪還。旧市街入口の門アルコ‐ダ‐ビラファロ大聖堂などの歴史的建造物がある。170平方キロメートルもの干潟が広がるリアフォルモサ自然公園に隣接する。ファーロ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ファロ
ふぁろ
Faro

ポルトガル南部、アルガルベ県の県都、港湾都市。人口4万0355(2001)。同国最南端、サンタ・マリア岬近くの砂州地帯にある。レコンキスタ(国土回復戦争)時代にはイスラム勢力最後の橋頭堡(きょうとうほ)になったが、1249年アフォンソ3世により奪回された。1722年、1755年の地震で被害を受けたが、修復されたルネサンス様式の大聖堂が残る。温暖な気候と自然に恵まれ、国際的な観光地となっている。[田辺 裕・柴田匡平]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android