コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

良遍(2) りょうへん

1件 の用語解説(良遍(2)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

良遍(2) りょうへん

1194-1252 鎌倉時代の僧。
建久5年生まれ。興福寺で法相(ほっそう)をまなび,法印権(ごんの)大僧都となる。覚盛(かくじょう)に受戒し,律の復興につとめる。生駒(いこま)竹林寺住職となり,東大寺知足院を再興した。建長4年8月28日死去。59歳。京都出身。俗姓は藤原。字(あざな)は信願。号は蓮阿。通称は三位已講(いこう),生駒僧都。著作に「真心要決」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

良遍(2)の関連キーワード山槐記良遍宣陽門院石山寺クララ山槐記陳亮ハインリヒ[6世]六百番歌合天野遠景

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone