色彩計(読み)しきさいけい

世界大百科事典 第2版の解説

しきさいけい【色彩計 colorimeter】

測色計,色度計ともいう。光源が発する光の色(光源色)や,物体が反射,または透過する光の色(物体色)を表示するための数値を測定する装置。適当に選んだ三つの原刺激(光の原色)を混合し,視感によって試料色と等しい色になるように混合比を調節し,等色が得られたときの三原刺激の大きさで試料色を表示するものを視感色彩計という。光の各波長における強度分布を分光測定装置で測定し,それに図に示す等色関数を波長ごとに乗じて積算し三刺激値を計算で求めるものを分光測色方式の色彩計という。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の色彩計の言及

【比色計】より

…物質による光の吸収を利用して,溶液中に溶解している物質の定量分析を行う装置。溶液に入射する光が単色の平行光で,液中での光の散乱がなく(吸収はあるが透明である),また溶液の濃度が変化しても吸収物質の解離や会合の平衡の移動がないときは,次のランバート=ベールの法則が成り立つ。 ln(I0/I)=αlcすなわち,溶液の層に入射する光の強度I0と,透過後の光の強度Iとの比(透過率の逆数)の対数は,液層の厚さl,溶液の濃度c,吸収係数αの積に等しい。…

※「色彩計」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android