コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

色超過 いろちょうかcolour excess

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

色超過
いろちょうか
colour excess

遠方にある恒星の光は,星間物質による吸収のためいくぶん赤みがかり,色指数が増加する。その増大分を色超過といい,恒星のスペクトル型に相当する標準色指数を,観測された色指数から引くことによって求められる。これによって,その方向の空間にある吸収物質の量を推定することができる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いろ‐ちょうか〔‐テウクワ〕【色超過】

星間赤化

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

いろちょうか【色超過 color excess】

遠方の星の光が地球に到達するまでには,途中の星間空間にただよう星間塵の吸収をうける。わが銀河系内では,平均すると可視域(実視等級V)で距離1キロパーセク当り0.3等の減光をうける。この星間吸収では青い光が赤い光よりも多く吸収されるため,地球に到達する光はもともとの色より赤みがかってくる。そこで,実際に観測される星の色指数の値とその星のスペクトル型に対する標準(もともと)の色指数の値との差を色超過と呼ぶ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の色超過の言及

【空間赤化】より

…星の光の星間物質による減光(吸収と散乱)は可視光の波長域で波長λにほぼ反比例するので,波長の短い青い光は赤い光より強く減光され,遠くの星の光は赤く見える。星の色指数の観測値と,その星のスペクトル型に対応する色指数の差を色超過colour excessといい,空間赤化の大きさを示すのに用いられる。一般に光の波長λより小さい固体微粒子は,誘電体(氷や石など)であれば光を1/λ4に比例して散乱し,金属であれば1/λに比例して吸収する。…

※「色超過」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

色超過の関連キーワード空間赤化宇宙塵

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android