コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

星間吸収 せいかんきゅうしゅう interstellar absorption

6件 の用語解説(星間吸収の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

星間吸収
せいかんきゅうしゅう
interstellar absorption

主として銀河系内の星間物質に含まれる星間塵(ダスト)による天体の光の吸収。一般に短波長の光が長波長より吸収されやすいので,遠距離の星は赤みを帯びて見えることになる。これを星間赤化といい,後退速度のドップラー効果によるスペクトル赤方偏移とは別の効果である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せいかん‐きゅうしゅう〔‐キフシウ〕【星間吸収】

星間減光

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

星間吸収【せいかんきゅうしゅう】

遠方の恒星の光が途中にある星間物質によって吸収されること。星間物質による散乱を含める場合もある。星間物質は銀河面の近傍に多く,このため星間吸収も銀河面の方向で大きくなり,銀河中心は可視光線では見ることができない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

せいかんきゅうしゅう【星間吸収 interstellar absorption】

遠くの恒星の光が,星間空間にある固体微粒子やガスなどの星間物質により吸収されることをいう。星間物質による散乱も含めて,星間物質により光が暗くなることを総称して星間吸収と呼ぶことも多い。歴史的には散開星団の見かけの直径から距離を求めると,遠くのものほど暗くなり方が著しいことから星間吸収の存在がわかった。星間吸収は可視光線の波長域では波長λにだいたい反比例するので,星の光は赤くなる。この色超過EB-Vと星間吸収による実視等級の増加AVの間には,だいたいAV=3.2EB-Vの関係があるので,EB-Vを計ればAVを推定できる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

せいかんきゅうしゅう【星間吸収】

遠くの天体の光が星間物質によって吸収(あるいは散乱)され、天体が暗く見えること。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

星間吸収
せいかんきゅうしゅう

遠方の星や星雲から発せられた光は、地球に到達するまでにさまざまな星間物質相を通過してくる。その際、光はそこにある物質の相に応じて異なった吸収を受ける。これを星間吸収という。中性原子または部分的にイオン化した原子からなる物質相を通る際は、それらの原子に特有のある決まった波長のところでのみ吸収を受ける。これを吸収線という。吸収線の中心波長、吸収線の幅と深さと形を解析することにより、吸収に寄与した物質層の温度や視線方向に積分した密度、乱れた運動のようすなどを推定することができる。星間ガス中には30万K(ケルビン)にも達する高温ガスが銀河円盤中に広く分布していることや、銀河ハロー中にも10万K近くの高温ガスが広がっていることは、紫外線領域での吸収線の観測によって明らかにされた。ほかに、可視光、赤外線、電波の各波長領域での吸収線を利用して、温度が数百Kから1万Kの間の星間物質の診断(温度・密度・運動の推定)がなされている。
 密度が高い星間物質中には、分子が多数結合した星間塵(じん)が多量に存在している。この星間塵中を光が通過すると、星間塵を構成する物質特有の波長域で鋭く吸収されるとともに、ほぼ波長に反比例するような吸収率で、どの波長においても連続的に吸収されるということが知られている。波長に反比例するような吸収率であるため、可視光から赤外線へと波長が長くなるにつれ、吸収される量は少なくなる。たとえば、天の川方向(銀河面内)の可視光で見通せる距離は1万光年くらいだが、赤外線や電波領域では距離が3万光年の銀河中心まで見通せる。夕陽が赤いのも同じ理由であり、大気中の塵(ちり)によって紫外線や可視光域の光は吸収・散乱されてしまって、波長の長い赤色の光しか届かないためである。遠方の星の場合のこのような現象を、星の光の赤化とよんでいる。
 暗黒星雲は、とくに星間物質の密度が高く宇宙塵も多量に存在している場所で、背後にある星の光を遮ってしまうため、写真乾板上には何も写らず暗黒領域としてしか見えないのである。宇宙塵は、1000K以下の温度の低い物質に存在しているから、宇宙塵によって星の光が吸収され減光する程度や赤化の程度により、途中の空間に存在する低温の物質層の厚みを推定することができる。
 以上のような、通過する物質中での星の光の吸収の解析から星間物質の物理状態を探るという方法は、準星のスペクトル中の吸収線や減光の解析から、宇宙規模での物質の分布や物理状態を探るのにも応用されている。[池内 了]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

星間吸収の関連キーワード星間物質ボイジャー星間空間恒星間空間星間減光星間赤化星間偏光ヒルトナー‐ホール効果空間赤化光度関数

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone