芋棒(読み)イモボウ

百科事典マイペディアの解説

芋棒【いもぼう】

京都の秋の惣菜(そうざい)料理の一つ。タラ素干しにした棒ダラと京都特産サトイモであるエビイモを炊き合わせたもの。棒ダラをぬるま湯でゆっくりもどし,切身にして水煮する。タラが煮えたら煮汁を適量まで減らし,あらかじめゆでておいたイモを入れ,砂糖,酒,淡口(うすくち)醤油,削りガツオを加えて炊き上げる。エビイモは高価なので,普通のサトイモで代用されることが多い。
→関連項目海老芋タラ(鱈)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

いもぼう【芋棒】

えび芋と棒鱈ぼうだらとを煮た料理。京都の名物料理の一。商標名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の芋棒の言及

【郷土料理】より

…(3)材料は他地方産であるが,その材料を用いて独特の料理に仕立てあげたもの。京都の芋棒,甲州の煮貝(にがい)などがこれである。(4)古く外国や他地方の影響をうけて成立し,その地方の伝統的な料理となったもの。…

【サトイモ(里芋)】より

…石川早生などの子いもを黒い皮をつけたままゆで,塩などをつけて食べる。品種を問わず煮物や汁の実,田楽などに多く用いられるが,海老芋を棒ダラと煮た〈芋棒〉は京都の名物料理として知られる。サトイモにはガラクタンと呼ぶ炭水化物とタンパク質の結合した粘性物質が含まれており,皮をむくとこのぬめりがいも全体を覆う。…

【タラ(鱈)】より

…塩干品の干ダラは手ごろの大きさに切って何枚か重ね,柿(こけら)板に見たてて〈屋根板〉という蔑称,ないしは卑称も行われたが,室町期には貴人饗応の献立に名を連ねている。棒ダラの料理では〈芋棒(いもぼう)〉が名高い。かちかちに干し上げられた棒ダラを時間をかけてもどし,エビイモとたき合わせた京都の名物料理である。…

※「芋棒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android