海老芋/蝦芋(読み)エビイモ

百科事典マイペディアの解説

海老芋【えびいも】

サトイモの一品種。京都で多く栽培されるので京芋ともいう。子いもの先が曲がってエビに似るのでこの名がある。含め煮などにするが,芋棒が有名。
→関連項目雑煮

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

海老芋[根菜・土物類]
えびいも

近畿地方、兵庫県の地域ブランド。
主に姫路市で生産されている。明治30年代には姫路市兼田地区で栽培されていた。水稲の台風被害がかったため、所得安定の目的で栽培が広がったという。当初は大阪の富田林に次ぐ産地であり、主に京都へ出荷された。昭和30年代に栽培の最盛期を迎えた。里芋の一種で、縞模様と曲がり具合が海老に似ていることから海老芋と呼ばれる。煮物・揚げ物に利用され、縁起物としておせち料理にも使われる。ひょうごの伝統野菜

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

えび‐いも【海老芋】

〘名〙 里芋の栽培品種。京都市南部の東寺付近で栽培され、収量は多くないが、肉が柔らかく味がよい。小芋の形はやや曲がり、淡赤褐色で、エビに似ている。京都の名物料理、芋棒(いもぼう)はこの芋を使用する。葉柄も食用となる。あかだついも。
※蝶の皿(1969)〈秦恒平〉「強肴(しいざかな)は飛龍子、えびいも、ぜんまいに木の芽などで」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の海老芋/蝦芋の言及

【サトイモ(里芋)】より

…品種はいものつき方などから数型に分類されている。すなわち,(1)子いもが多くでき,親いもから容易に離れ,子・孫いもが収穫対象とされるもの(土垂,石川早生,蘞芋(えぐいも)),(2)子いもはやや多く,親いもと密生して分離し難く,親いもはよく肥大し主収穫対象となるもの(唐芋,八頭),(3)子いもは少なく,おもに親いもを収穫対象とするもの(赤芽,海老芋(えびいも)),(4)もっぱら葉柄を食用として収穫するもの(蓮芋(はすいも)。植物分類上からはサトイモとは別種であるが,農業上はサトイモに含める)。…

※「海老芋/蝦芋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

八村塁

プロバスケットボール選手。ポジションはパワーフォワード、スモールフォワード。身長203センチメートル、体重104キログラム。アフリカ・ベナン共和国出身の父と日本人の母をもつ。1998年2月8日、富山県...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android