コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天竺木綿 テンジクモメン

百科事典マイペディアの解説

天竺木綿【てんじくもめん】

やや地厚な平織の綿織物の一種。もとインドから輸入されたのにちなむ名称。白地のままカバー類,粉袋,芯(しん)地にし,漂白や染色をしてシーツ,テーブル掛け,裏地,ふろしきなどにする。
→関連項目金巾

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

てんじくもめん【天竺木綿】

綿織物の一種。略して天竺ともいう。1868年(明治1)の輸入統計によれば,イギリスからティークロスT‐cloth sheetingという綿布が290万ヤード入っており,外来のものということから,天竺木綿と名づけられたのではないかと思われる。同じ綿織物の粗布細布(さいふ)と似ている。地が厚く経緯糸が密でじょうぶな広幅の標準的平織綿布。生地のまま幟や幕地,小麦粉袋などに使われ,漂白や染色をしてシーツ,テーブルクロス,裏地など,広範に利用される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

てんじくもめん【天竺木綿】

やや太番手の糸で経緯たてよこ同じ密度で平織りにした綿織物。袋物・敷布・衣服の裏地などに用いる。天竺。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天竺木綿
てんじくもめん

略して天竺ともいう。初めインド地方から輸入されたためこの名が出たといわれるが、一方「T」の字の商標をつけて市場に出されたため、海外ではティー・クロスT-clothとよび、またはシーティングsheetingともよぶ。平織の綿織物の一種で、粗布・細布とははっきりした区別がなく、ただ糸の太さ、密度などが若干異なるだけである。だいたいの組織の標準は経緯(たてよこ)とも20番手糸を用い、密度は経緯とも1インチ(2.54センチメートル)間49~51本ぐらい。金巾(かなきん)よりも若干生地(きじ)が厚いから、シャツ地にはあまり適さないが、生地のままで小麦粉袋、白地・無地染め、捺染(なっせん)したものは敷布・風呂敷(ふろしき)・裏地など、粗布・細布などとほぼ同じ用途に向けられる。[角山幸洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

天竺木綿の関連キーワード布の絵本トアル芯地袋物番手衣服

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android