コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天竺木綿 テンジクモメン

5件 の用語解説(天竺木綿の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

てんじく‐もめん〔テンヂク‐〕【天×竺木綿】

《初めインドから輸入したところからいう》平織りで、やや厚手の木綿織物テーブル掛け・敷布・足袋の裏地などに用いる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

天竺木綿【てんじくもめん】

やや地厚な平織の綿織物の一種。もとインドから輸入されたのにちなむ名称。白地のままカバー類,粉袋,芯(しん)地にし,漂白や染色をしてシーツ,テーブル掛け,裏地,ふろしきなどにする。
→関連項目金巾

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

てんじくもめん【天竺木綿】

綿織物の一種。略して天竺ともいう。1868年(明治1)の輸入統計によれば,イギリスからティークロスT‐cloth sheetingという綿布が290万ヤード入っており,外来のものということから,天竺木綿と名づけられたのではないかと思われる。同じ綿織物の粗布,細布(さいふ)と似ている。地が厚く経緯糸が密でじょうぶな広幅の標準的平織綿布。生地のまま幟や幕地,小麦粉袋などに使われ,漂白や染色をしてシーツ,テーブルクロス,裏地など,広範に利用される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

てんじくもめん【天竺木綿】

やや太番手の糸で経緯たてよこ同じ密度で平織りにした綿織物。袋物・敷布・衣服の裏地などに用いる。天竺。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天竺木綿
てんじくもめん

略して天竺ともいう。初めインド地方から輸入されたためこの名が出たといわれるが、一方「T」の字の商標をつけて市場に出されたため、海外ではティー・クロスT-clothとよび、またはシーティングsheetingともよぶ。平織の綿織物の一種で、粗布・細布とははっきりした区別がなく、ただ糸の太さ、密度などが若干異なるだけである。だいたいの組織の標準は経緯(たてよこ)とも20番手糸を用い、密度は経緯とも1インチ(2.54センチメートル)間49~51本ぐらい。金巾(かなきん)よりも若干生地(きじ)が厚いから、シャツ地にはあまり適さないが、生地のままで小麦粉袋、白地・無地染め、捺染(なっせん)したものは敷布・風呂敷(ふろしき)・裏地など、粗布・細布などとほぼ同じ用途に向けられる。[角山幸洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天竺木綿の関連キーワード原綿小倉織綿織物カルゼ西天竺シルケット中天竺南天竺太物木綿織

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

天竺木綿の関連情報