コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花山院兼雅 かざんいん かねまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

花山院兼雅 かざんいん-かねまさ

1148-1200 平安後期-鎌倉時代の公卿(くぎょう)。
久安4年生まれ。花山院忠雅の長男。母は藤原家成の娘。仁安(にんあん)3年権(ごんの)中納言となる。内大臣,右大臣をへて建久9年(1198)従一位,左大臣にすすんだ。正治(しょうじ)2年7月16日(一説に18日)死去。53歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

花山院兼雅

没年:正治2.7.16(1200.8.27)
生年久安1(1145)
平安末,鎌倉初期の公卿。太政大臣藤原忠雅と鳥羽院の寵臣藤原家成の娘の子。後花山院左大臣と号す。家柄に加え平清盛の娘を室に迎えたことにより順調に昇進を重ね,頭中将を経て公卿に列し,建久9(1198)年従一位左大臣に至った。その間後白河院の執事院司,宣陽門院別当などを歴任。後白河院の信任を受け,その後も時の権力者である九条家や村上源氏とつながり,激動の時代にありながらも大過なく生涯を送ったところにその人間性の一端が窺えよう。『梁塵秘抄口伝集』によれば,今様などもよくしたようである。

(木村真美子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

花山院兼雅の関連キーワード廊御方(1)花山院忠経花山院家経鎌倉時代藤原兼雅没年

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android