コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花山院忠長 かざんいん ただなが

2件 の用語解説(花山院忠長の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

花山院忠長

左大臣定熙の次子。慶長13年春飛鳥井雅賢、鳥丸光広、大炊御門頼国他と遊興に耽り、翌14年蝦夷地に配流せられる。寛永13年赦に遇うて武蔵に住し剃髪して浄屋という。慶安5年京師に還る。寛文2年(1662)歿、75才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

花山院忠長 かざんいん-ただなが

1588-1662 江戸時代前期の公家。
天正(てんしょう)16年9月5日生まれ。花山院定煕(さだひろ)の次男。左近衛(さこんえの)権(ごんの)少将。慶長14年(1609)飛鳥井雅賢(あすかい-まさかた),烏丸光広らとともに女官と密会したことが発覚して松前(北海道)に流される。のちゆるされて武蔵(むさし)にすみ,出家して浄屋と号した。寛文2年9月26日死去。75歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone