コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花火師 ハナビシ

3件 の用語解説(花火師の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はなび‐し【花火師】

花火の製造や、その打ち上げを業とする人。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本文化いろは事典の解説

花火師

花火師とは花火の製造や打ち上げ、そして花火大会の準備・運営までを仕事とする職人です。冬場に花火作りといった地道な作業を行い、夏場の華やかな花火大会へ向けて準備をします。夏の夜空を鮮やかに彩る花火大会の裏方を務める職人さんです。

出典|シナジーマーティング(株)
日本文化いろは事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

はなびし【花火師】

花火の製造や打ち上げを業とする人。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の花火師の言及

【花火】より

… 日本に花火が伝わったのは,1543年(天文12)の鉄砲伝来とともに火薬の配合が伝えられた後であるが,85年(天正13)の夏,皆川山城守と佐竹衆の対陣のとき,慰みにそれぞれ敵陣に花火を焼き立てたことが見えるのが古い記録である。1613年(慶長18年8月6日)に,花火上手(じようず)の唐人が江戸城二の丸で上げた花火を徳川家康が見物したといわれるが,そのころから花火師が現れ,やがて撚花火や線香花火を売り歩くようになった。随筆《飛鳥(あすか)川》には花火売の呼声として,〈花火花火,鼠(ねずみ)手,ぼたん,てん車,からくり,花火花火〉と記しているが,これは江戸時代後期のことであろう。…

※「花火師」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

花火師の関連情報