コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芳沢玉妻 よしざわ たまづま

1件 の用語解説(芳沢玉妻の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

芳沢玉妻 よしざわ-たまづま

?-1742 江戸時代中期の歌舞伎役者。
初代芳沢あやめの門人。宝永6年京都の夷屋(えびすや)松太夫の抱え役者となり若女方をつとめる。大坂,京都の舞台で活躍。容姿にめぐまれ,せりふが明快で,世話女房や傾城(けいせい)役などを得意とした。寛保(かんぽう)2年死去。前名は芳沢玉菊,吉沢玉妻。俳名は虹残。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

芳沢玉妻の関連キーワード白河藩セルシウス度助産所火罪紀海音公事方御定書毛抜蓑庵セ氏温度

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone