コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芳沢玉妻 よしざわ たまづま

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

芳沢玉妻 よしざわ-たまづま

?-1742 江戸時代中期の歌舞伎役者。
初代芳沢あやめの門人。宝永6年京都の夷屋(えびすや)松太夫の抱え役者となり若女方をつとめる。大坂,京都の舞台で活躍。容姿にめぐまれ,せりふが明快で,世話女房や傾城(けいせい)役などを得意とした。寛保(かんぽう)2年死去。前名は芳沢玉菊,吉沢玉妻。俳名は虹残。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

芳沢玉妻の関連キーワード白河藩ルソー(Jean-Jacques Rousseau)セルシウス度助産所井上士朗ウォルポール火罪紀海音公事方御定書

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android