墨客(読み)ぼっかく

精選版 日本国語大辞典「墨客」の解説

ぼっ‐かく ボク‥【墨客】

〙 文をよくする人。書画をかく人。ぼっきゃく。
※田氏家集(892頃)下・重陽日登高望大宮、賜詞臣菊酒「此日秋男尋景物、何時墨客列朝衣」 〔李白‐自梁園至敬亭山

ぼく‐かく【墨客】

ぼっ‐きゃく ボク‥【墨客】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「墨客」の解説

ぼっ‐かく〔ボク‐〕【墨客】

書画をよくする人。ぼっきゃく。「文人墨客
[類語]絵描き画家絵師画伯デザイナー画人イラストレーター画工がこう画工えだくみグラフィックデザイナー漫画家画聖画仙芸術家アーチスト

ぼっ‐きゃく〔ボク‐〕【墨客】

ぼっかく(墨客)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「墨客」の解説

【墨客】ぼくきやく・ぼくかく

詩文書画ののある人。唐・杜甫〔胡侍御の書堂に宴す~〕詩 名素(もと)よりり 客、(たが)ふこと無し

字通「墨」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android