コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江藤淳 えとうじゅん

6件 の用語解説(江藤淳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

江藤淳
えとうじゅん

[生]1932/1933.12.25. 東京
[没]1999.7.21. 神奈川,鎌倉
評論家。本名,江頭淳夫。 1957年慶應義塾大学英文科卒業。在学中,胸を病み,回復期に『夏目漱石』 (1955) を『三田文学』に発表,漱石の『明暗』を本格的近代小説として位置づけた。また『小林秀雄』 (61) では近代人の孤独を指摘するなど,作品の核に迫ろうとする独自の批評態度をもつ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

えとう‐じゅん【江藤淳】

[1932~1999]文芸評論家。東京の生まれ。本名、江頭淳夫(えがしらあつお)。保守主義を代表する評論家。昭和51年(1976)芸術院賞受賞。日本文芸家協会理事長などを歴任するが、夫人の死後、病苦により自殺。著作に「漱石とその時代」「小林秀雄」「海は甦える」「妻と私」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

江藤淳【えとうじゅん】

文芸評論家。東京生れ。本名,江頭淳夫(えがしらあつお)。慶応大学英文科卒。慶応大学教授。東京工業大学名誉教授。慶大在学中,結核療養期間に《夏目漱石》(1956年)を書き,デビュー
→関連項目三田派山川方夫

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

江藤淳 えとう-じゅん

1932-1999 昭和後期-平成時代の文芸評論家。
昭和7年12月25日生まれ。慶大在学中の昭和31年「夏目漱石」を発表。45年「漱石とその時代」で菊池寛賞,野間文芸賞。保守主義を代表する社会・文化評論をおおく執筆。51年芸術院賞。東京工業大教授,日本文芸家協会理事長,慶大教授をつとめた。夫人の死のあと,平成11年7月21日自殺。66歳。東京出身。本名は江頭淳夫(えがしら-あつお)。著作はほかに「小林秀雄」「海は甦える」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

えとうじゅん【江藤淳】

1933~1999) 文芸評論家。本名江頭淳夫。東京生まれ。慶大卒。漱石神話を排して作家の闇を照らし出した「夏目漱石論」でデビュー、独自な文体論「作家は行動する」や、日本近代の問題を追求した「成熟と喪失」などで注目される。戦後憲法や占領下の問題点にも積極的に発言した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

江藤淳
えとうじゅん
(1933―1999)

評論家。本名江頭淳夫(えがしらあつお)。昭和8年12月25日、東京に生まれる。慶応義塾大学英文科に入学するが、病を得て療養。その間執筆したエッセイが、当時『三田(みた)文学』の編集者だった山川方夫(まさお)に認められ、同誌に『夏目漱石(そうせき)』を発表(1955~56)。清新かつ個性的な批評家の出現と注目を浴びた。同大学卒業後、『奴隷の思想を排す』(1958)、『作家は行動する』(1959)などを次々と刊行。当時台頭した大江健三郎(おおえけんざぶろう)らの戦後世代の文学を補完する批評活動として評価された。また『小林秀雄(ひでお)』(1960~61)は、現代批評の高峰にあった評論家の肖像を描くことが、文学の確かさの認識と重なる意味を解明した画期的一編である。1962年(昭和37)から2年間アメリカで生活。『アメリカと私』(1965)はその結実であるが、またその体験を内的思惟(しい)として『成熟と喪失』(1966~67)を書く。漱石研究の集大成として『漱石とその時代』二部作(1970)があり、自己の系譜に挑んだ『一族再会』(1972)、続いて『海は甦(よみが)える』(1973)を刊行。さらに、アメリカ占領軍の検閲と「戦後」の意味を問う『忘れたこと忘れさせられたこと』(1979)、『落葉の掃寄せ』(1982)がある。99年(平成11)『文芸春秋』5月号に、98年11月に癌(がん)で没した妻との闘病生活を記した『妻と私』を発表し、話題をよんだ。東京工業大学教授、慶応義塾大学教授を経て97年からは大正大学教授。94年日本文芸家協会理事長に就任したが、99年健康上の理由から辞任。平成11年7月21日没。病気を苦にしての自殺であった。[金子昌夫]
『『江藤淳著作集』全6巻(1967・講談社) ▽『江藤淳著作集 続編』全5巻(1973・講談社) ▽『新編江藤淳文学集成』(1984~85・河出書房新社) ▽『全文芸時評』上下(1989・新潮社) ▽『群像日本の作家27 江藤淳』(1997・小学館) ▽『妻と私』(1999・文芸春秋)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

江藤淳の関連キーワード江口週小野木朝子小汀良久木戸蓊佐野ぬい清水康雄(2)二宮宏之服部ケイ山田信夫(2)山本明

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

江藤淳の関連情報