コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江藤淳 えとうじゅん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

江藤淳
えとうじゅん

[生]1932/1933.12.25. 東京
[没]1999.7.21. 神奈川,鎌倉
評論家。本名,江頭淳夫。 1957年慶應義塾大学英文科卒業。在学中,胸を病み,回復期に『夏目漱石』 (1955) を『三田文学』に発表,漱石の『明暗』を本格的近代小説として位置づけた。また『小林秀雄』 (61) では近代人の孤独を指摘するなど,作品の核に迫ろうとする独自の批評態度をもつ。『成熟喪失』 (67) ,評伝『漱石とその時代』 (70) などがあり,比較文学の手法に立脚した『漱石とアーサー王伝説』 (75) で学位を得た。 76年日本芸術院賞を受賞した。 89年文学論『昭和の文人』を刊行。 98年妻慶子に先立たれ,亡くなるまでを綴った手記『妻と私』を発表,その後自殺した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

えとう‐じゅん【江藤淳】

[1932~1999]文芸評論家。東京の生まれ。本名、江頭淳夫(えがしらあつお)。保守主義を代表する評論家。昭和51年(1976)芸術院賞受賞。日本文芸家協会理事長などを歴任するが、夫人の死後、病苦により自殺。著作に「漱石とその時代」「小林秀雄」「海は甦える」「妻と私」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

江藤淳【えとうじゅん】

文芸評論家。東京生れ。本名,江頭淳夫(えがしらあつお)。慶応大学英文科卒。慶応大学教授。東京工業大学名誉教授。慶大在学中,結核療養期間に《夏目漱石》(1956年)を書き,デビュー。
→関連項目三田派山川方夫

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

江藤淳 えとう-じゅん

1932-1999 昭和後期-平成時代の文芸評論家。
昭和7年12月25日生まれ。慶大在学中の昭和31年「夏目漱石」を発表。45年「漱石とその時代」で菊池寛賞,野間文芸賞。保守主義を代表する社会・文化評論をおおく執筆。51年芸術院賞。東京工業大教授,日本文芸家協会理事長,慶大教授をつとめた。夫人の死のあと,平成11年7月21日自殺。66歳。東京出身。本名は江頭淳夫(えがしら-あつお)。著作はほかに「小林秀雄」「海は甦える」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

えとうじゅん【江藤淳】

1933~1999) 文芸評論家。本名江頭淳夫。東京生まれ。慶大卒。漱石神話を排して作家の闇を照らし出した「夏目漱石論」でデビュー、独自な文体論「作家は行動する」や、日本近代の問題を追求した「成熟と喪失」などで注目される。戦後憲法や占領下の問題点にも積極的に発言した。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

江藤淳
えとうじゅん
(1933―1999)

評論家。本名江頭淳夫(えがしらあつお)。昭和8年12月25日、東京に生まれる。慶応義塾大学英文科に入学するが、病を得て療養。その間執筆したエッセイが、当時『三田(みた)文学』の編集者だった山川方夫(まさお)に認められ、同誌に『夏目漱石(そうせき)』を発表(1955~56)。清新かつ個性的な批評家の出現と注目を浴びた。同大学卒業後、『奴隷の思想を排す』(1958)、『作家は行動する』(1959)などを次々と刊行。当時台頭した大江健三郎(おおえけんざぶろう)らの戦後世代の文学を補完する批評活動として評価された。また『小林秀雄(ひでお)』(1960~61)は、現代批評の高峰にあった評論家の肖像を描くことが、文学の確かさの認識と重なる意味を解明した画期的一編である。1962年(昭和37)から2年間アメリカで生活。『アメリカと私』(1965)はその結実であるが、またその体験を内的思惟(しい)として『成熟と喪失』(1966~67)を書く。漱石研究の集大成として『漱石とその時代』二部作(1970)があり、自己の系譜に挑んだ『一族再会』(1972)、続いて『海は甦(よみが)える』(1973)を刊行。さらに、アメリカ占領軍の検閲と「戦後」の意味を問う『忘れたこと忘れさせられたこと』(1979)、『落葉の掃寄せ』(1982)がある。99年(平成11)『文芸春秋』5月号に、98年11月に癌(がん)で没した妻との闘病生活を記した『妻と私』を発表し、話題をよんだ。東京工業大学教授、慶応義塾大学教授を経て97年からは大正大学教授。94年日本文芸家協会理事長に就任したが、99年健康上の理由から辞任。平成11年7月21日没。病気を苦にしての自殺であった。[金子昌夫]
『『江藤淳著作集』全6巻(1967・講談社) ▽『江藤淳著作集 続編』全5巻(1973・講談社) ▽『新編江藤淳文学集成』(1984~85・河出書房新社) ▽『全文芸時評』上下(1989・新潮社) ▽『群像日本の作家27 江藤淳』(1997・小学館) ▽『妻と私』(1999・文芸春秋)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

江藤淳の関連キーワード閣僚の靖国神社参拝問題に関する懇談会報告書(中曽根内閣による要請に基づく)チャリング・クロス芽むしり仔撃ちGHQの検閲靖国神社問題山本権兵衛高橋源一郎第三の新人内向の世代文芸春秋鶴見俊輔小島信夫立松和平文学論争磯田光一柄谷行人安藤元雄月村敏行批評文学遠山一行

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

江藤淳の関連情報