コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

苅田久徳 カリタヒサノリ

デジタル大辞泉の解説

かりた‐ひさのり【苅田久徳】

[1911~2001]プロ野球選手。神奈川の生まれ。昭和9年(1934)大日本東京野球倶楽部(クラブ)(巨人前身)に入団。2年後に東京セネタース移籍。日本の近代野球における二塁守備を確立した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

苅田久徳 かりた-ひさのり

1911-2001 昭和時代のプロ野球選手。
明治44年1月19日生まれ。昭和9年大日本東京野球倶楽部(クラブ)(巨人の前身)に入団。翌年第1回アメリカ遠征に参加。11年プロ野球発足とともにセネタースに入団し,二塁手として活躍。15年以降,翼,大洋,大和,東急などにうつる。近代野球における二塁手の役割を確立した選手といわれた。44年野球殿堂入り。平成13年8月3日死去。90歳/神奈川県出身。法大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

苅田久徳の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android