苔色(読み)こけいろ

色名がわかる辞典「苔色」の解説

こけいろ【苔色】

色名の一つ。JISの色彩規格では「くすんだ黄緑」としている。一般に、コケ植物のような鈍にぶい黄緑色を表す伝統色名。乾いたコケは明るく、湿ったコケは暗い色をしているためイメージは幅広いかさね色目いろめの名でもあり、表は濃香こきこう、裏は二藍ふたあい、または表裏とも濃い萌葱もえなど。現代では英語のモスグリーン(moss green)という言葉で表現されることが多くなった。衣類、生活雑貨など、さまざまな分野で使われている。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「苔色」の解説

こけ‐いろ【苔色】

〘名〙
① 染め色の名。濃い、もえぎ色。〔藻塩草(1513頃)〕
② 襲(かさね)の色目。表、裏ともに濃いもえぎ色のもの。
※原中最秘鈔(1364)下「墨染こけいろなとは出家のほかは是を歌に詠む可からず」
③ 一般に、濃い、もえぎ色。
月山(1974)〈森敦〉「月山は〈略〉そうした緑の中に、ひとり淡々と苔色を帯びていたのですが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android