若潮(読み)ワカシオ

  • わかしお ‥しほ
  • わかしお〔しほ〕

大辞林 第三版の解説

小潮の翌日から潮の干満の差が大きくなること。
主に九州地方で、元日の早朝、海で汲み、神に供える水。また、その行事。若潮迎え。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 長潮(ながしお)の翌日から潮の干満の差が大きくなること。また、その潮。陰暦一一日と二六日にあたる。
※俳諧・駒掫(1702)上「若汐や蛤の飛おぼろ月〈文十〉」
② 元日の早朝に年男が海からくんで来て神に供える海水。また、その海水をくむ行事。若潮迎え。九州地方でいう。《季・新年》

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緊急事態宣言(感染症)

改正新型インフルエンザ等対策特別措置法(新型コロナウイルス特措法)に基づいて日本政府が発する布告。正式名称は「新型インフルエンザ等緊急事態宣言」。新型インフルエンザなど(新型コロナウイルスの適用対象期...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

若潮の関連情報