コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小潮 こしおneap tide

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小潮
こしお
neap tide

潮の干満の差が最も小さいとき。大潮に対する。普通月が上弦または下弦のとき起る。小のときの潮差を長年平均したものを小潮差という。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こ‐しお〔‐しほ〕【小潮】

潮の干満の差が最も小さいこと。また、その日。上弦または下弦の月のころに起こる。⇔大潮

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

小潮【こしお】

潮汐(ちょうせき)において干満の差が極小のときをいい,大潮の対。上弦の月および下弦の月の1〜3日後に起こる。太陽と月とが地球に対して互いに直角の方向にあり,その起潮力が互いに打ち消し合う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

海の事典の解説

小潮

上弦あるいは下弦の時、地球から見て月と太陽の方向がたがいに直角となるから、月と太陽の起潮力が打ち消しあって潮差が小さくなる。このときの潮汐を小潮 という。潮差はその時の地球と月との距離によって若干変化するが、小潮時の潮差の長年の平均値は場所によってほぼ一定であり、それを小潮差(しょうちょう さ)と呼ぶ。 (永田

出典|(財)日本水路協会 海洋情報研究センター海の事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こしお【小潮 neap tides】

潮汐による高潮面と低潮面の高さの差は,上弦または下弦のころ,あるいは2~3日後に最小となる。このころの潮汐を小潮という。潮汐【寺本 俊彦】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こしお【小潮】

干満の差が最小となる潮汐の状態。また、その時期。上弦および下弦の月のあと、一ないし二日に生ずる。 ↔ 大潮

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小潮
こしお

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の小潮の言及

【月】より

… 地球と月,太陽がほぼ1直線上に並ぶ新月や満月のころには,月と太陽との潮汐の作用が重なり合い,満潮と干潮との差の大きい大潮となる。一方,半月になると月と太陽との潮汐の作用は打ち消し合い,干満の差の小さい小潮となる。 一方,海水は潮汐を起こす力どおりに動くわけではなく,入口が広く,奥部が狭い湾などでは満潮がとても高くなることがあり,カナダ南東端のミナス湾で大潮のときには,干満の差は14mにもなる。…

※「小潮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

小潮の関連キーワード主太陽半日周潮ホンダワラ遠地点潮カスプ太陽潮海岸線潮汐力潮回り潮間帯中潮長潮若潮

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android