コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

若狭忠季 わかさ ただすえ

2件 の用語解説(若狭忠季の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

若狭忠季 わかさ-ただすえ

?-1221 鎌倉時代の武将。
島津家系図では源頼朝の庶子で島津忠久の弟とある。建久7年若狭(福井県)の守護および遠敷(おにゅう)・三方(みかた)両郡の総地頭となる。承久(じょうきゅう)の乱に出陣し,承久3年6月14日宇治川の戦いで討ち死に。別姓に津々見。通称は次郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

若狭忠季

没年:承久3.6.14(1221.7.5)
生年:生年不詳
鎌倉時代前期の武将。津々見氏とも称す。島津忠久の弟。源頼朝の庶子と伝えるが事実ではなく,頼朝の乳母比企尼の長女と惟宗広言との間に生まれたのが忠久と忠季であるという。建久7(1196)年9月,若狭国の有力在庁稲葉時定が失脚したあとをうけ,若狭国守護職,時定所帯跡地頭職に補任された。この後有力御家人として将軍に仕えていたが,建仁3(1203)年末に所職を没収された。同年9月の比企能員の滅亡に縁座したものと推定される。但しこれらは承久2(1220)年までには全て忠季に返されている。翌年に承久の乱が起こると,忠季は幕府方として合戦に参加し,宇治橋の合戦で戦死した。甥の島津忠時が若狭国守護職を継ぎ,子らが地頭職の一部を受け継いだ。

(本郷和人)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

若狭忠季の関連キーワード蜂屋大膳大夫鎌倉時代伊賀家長小山朝長吉良満氏香西資村大掾貞国武田豊信中院定平和田国次

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone