コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茂山千五郎(9代) しげやま せんごろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

茂山千五郎(9代) しげやま-せんごろう

1810-1886 江戸後期-明治時代の能楽師狂言方。
文化7年5月17日生まれ。大蔵流。8代茂山千五郎(久蔵英政)の養子。江戸の大蔵虎文にまなび,文政8年茂山家を相続し,千五郎正虎(まさとら)を名のる。近江(おうみ)(滋賀県)彦根藩のお抱えとなり,禁裏御用もつとめ,茂山家の基礎をきずいた。隠居後,初代茂山千作を名のる。明治19年5月11日死去。77歳。京都出身。本姓は佐々木。初名は忠三郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

茂山千五郎(9代)

没年:明治19.5.11(1886)
生年:文化7.5.17(1810.6.18)
江戸から明治時代狂言師。前名,佐々木忠三郎。名は千吾,初代千作とも。呉服商だった佐々木甚兵衛浄喜の次男として京都に生まれる。8歳のとき茂山久蔵英政に入門,11歳で養子となるが翌年養父が没したため江戸へ下り,大蔵流20代家元に師事。文政8(1825)年,家元から茂山家再興を許され,天保8(1837)年には近江彦根藩のお抱えとなるが,一方で文政4年に初めて禁裏御用を勤めており,以後も宮中への出勤は続けた。明治維新後の混乱期にあっても京都狂言界の第一人者として一貫して斯道を固守し,今日に至る千五郎家隆盛の基礎を築いた。<参考文献>茂山千作『狂言八十年』

(石井倫子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

茂山千五郎(9代)の関連キーワード茂山千五郎(10代)茂山 千作(3代目)茂山 千作(2代目)茂山忠三郎(初代)茂山千作(3代)茂山千作(4世)茂山千作(3世)茂山千作(4代)茂山千作(初代)茂山千作(十世)茂山千作(2代)大蔵 虎一山口蓼洲壤晴彦

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android